キュウリ・サイエンスクッキング

  • 2018.06.08 Friday
  • 10:02

 

「ちゃぐりん」7月号です。

テーマはキュウリ。

 

旬のみずみずしいキュウリで実験をします。

おいしく食べる調理法やレシピもご紹介しています。

 

 

 

「キュウリに塩をかけるとしんなりするのはなぜ?」

野菜の細胞は、膜(半透膜)でおおわれています。

この膜は、水分を通して膜の外と中の液体の濃さが

同じになるように調節をする働きをします。

キュウリに塩をかけると、膜の外側の濃度は高くなります。

それを薄めるためにキュウリから水分がでてきます。

そうすると、キュウリの細胞が縮みます。

膜の外と中の液体の濃度によって生じる力を

「浸透圧」といいます。

キュウリは浸透圧の作用でしんなりするのです。

 

 

 

http://www.ienohikari.net/press/chagurin/

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM