脱・断捨離

  • 2018.03.29 Thursday
  • 21:00

 

断捨離はやはり苦手なようだ。

 

意を決して

いるものと、いらないものを仕分けする。

そうすると、一部のものを除いて

いると言えばいるし、いらないと言えばいらない。

(これは断捨離の法則ではいらないものなのだろう)

わたしは、ずいぶんといらないものに囲まれて

生活をしているということに気がつく。

 

なんとか仕分けをして

さあ、しまおうとするのだけれど

そのものたちの居場所を決めるのに一苦労。

「ああ。せっかく収まっていたのにほじくり返すんじゃなかった」

と思う始末。

 

要するに

断捨離の必要はなかったというわけだ。

いると言えばいるもの

いらないと言えばいらないものの

行方は時間が解決するのだ。

今までにもずいぶんと経験してきたはず。

大切に大切にとっておいたものが

あるとき、ガラクタに変わっていたりして

どうしてあんなに大切だったのかも思い出せなかったり。

いらないと言えばいらないものの存在の安心感だったり。

だから、あわてて仕分ける必要もないというわけだ。

 

 

なぜだか断捨離を迫られているような気になる

この季節も、実は少し苦手だったりする。

でも、脱・断捨離を決めたら

いま、咲き誇るサクラを

心から愛でたくて仕方がない。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
私も昨年から断捨離・断捨離と何故か終末の整理を迫られているかのように頭いや心からその言葉が今も離れないけど、全く進んでいない現状@@;笑
  • Y NGO
  • 2018/03/30 3:41 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM